猫の足あとによる足柄下郡の寺院、神社など足柄下郡の寺社案内 猫の足あとによる足柄下郡の寺院、神社など足柄下郡の寺社案内
猫の足あとによる神奈川県寺社案内

箱根神社。足柄下郡箱根町の神社、旧国幣小社

箱根神社の概要

箱根神社は、足柄下郡箱根町にある神社です。箱根神社は、萬巻上人が天平宝字元年(757)に創建、山岳信仰の霊場としてだけでなく、源頼朝や徳川家康等武家からの信仰など多くの信仰を得ていたといいます。

箱根神社
箱根神社の概要
社号 箱根神社
祭神 瓊瓊杵尊、彦火火出見尊、木花咲邪姫命
相殿 -
境内社 恵比寿神
祭日 -
住所 足柄下郡箱根町元箱根80-1
備考 箱根七福神の恵比寿神



箱根神社の由緒

箱根神社は、萬巻上人が天平宝字元年(757)に創建、山岳信仰の霊場としてだけでなく、源頼朝や徳川家康等武家からの信仰など多くの信仰を得ていたといいます。

境内掲示による箱根神社の由緒

箱根神社は、古来関東総鎮守箱根大権現と尊崇された名社で「交通安全・心願成就・開運厄除」に御神徳の高い運開きの神様として信仰されています。
当神社は、人皇第五代孝昭天皇の御代(二四〇〇年前)聖占仙人が箱根山の駒ヶ岳より、主峰の神山を神体山としてお祀りされて以来、関東における山岳信仰の一大霊場でありました。
奈良朝の初期(一二〇〇年前)萬巻上人は、ご神託により現在の地に里宮を建て、箱根三所権現と称之奉り、佛教とりわけ修験道と習合しました。平安朝初期、箱根道が開通しますと、往来の旅人は道中安全を祈願しました。
鎌倉期、源頼朝は深く当神社を信仰し、二所詣(当社と伊豆山権現参詣)の風儀を生み、執権北条氏や戦国武将の徳川家康等、武家による崇敬の篤いお社として栄えてきました。
近世、宮道としての箱根道が整備され、箱根宿や関所が設けられますと、東部交通の要(道中安全の守護神)として当神社の崇敬は益益盛んになり、庶民信仰の聖地と変貌しました。
こうして天下の険箱根山を駕篭で往来する時代からやがて車社会に変る近代日本へと移行しますが、その明治の初年には、神仏分離により関東総鎮守箱根権現は、箱根神社と改称されました。爾来、明治六年明治天皇・皇后両陛下の御参拝をはじめ大正・昭和・平成の現代に至るまで、各皇族方の御参拝は相次いで行われました。
昭和五十五年、昭和天皇・皇太后両陛下の御親拝につづいて翌五十六年、皇太子浩宮殿下も御参拝になりました。現在、箱根に訪れる年間二千万人を越える内外の観光客を迎えて、ご社頭は益々殷賑を加えているのも、箱根大神の御神威によるものであります。(境内掲示より)


箱根神社の周辺図


大きな地図で見る