猫の足あとによる板橋区の寺院、神社など板橋区の寺社案内 猫の足あとによる板橋区の寺院、神社など板橋区の寺社案内
猫の足あと

智清寺|板橋区大和町にある浄土宗寺院

智清寺の概要

浄土宗寺院の智清寺は、龍光山恵照院と号します。智清寺は、応永年中(室町時代初期1394年頃)見誉上人智清によって創建されたと伝えられます。天正19年(1591)徳川家康により寺領5石を寄進された御朱印寺です。北豊島三十三ヶ所霊場17番札所です。

智清寺
智清寺の概要
山号 龍光山
院号 恵照院
寺号 智清寺
住所 板橋区大和町37-1
本尊 愛染明王
宗派 浄土宗
葬儀・墓地 -
備考 北豊島三十三ヶ所霊場15番札所



智清寺の縁起

智清寺は、応永年中(室町時代初期1394年頃)見誉上人智清によって創建されたと伝えられます。天正19年(1591)徳川家康により寺領5石を寄進された御朱印寺です。

いたばしの寺院による智清寺の縁起

応永年中(室町時代初期1394年頃)に浄土宗智清(見誉。永享12年3月15日寂)によって創建されたと伝えられるが、以後約二百十数年間は杳として明らかでない。寛永の頃から歴世が明らかになっている。天正19年11月御朱印領5石を賜る。天明4年(1784)に火災にかかり寺記すべて焼失し事暦が明らかにされていない。明治5年(1872)の中用水の水騒動の時は、本寺に多数の農民がたてこもった。境内には「木下稲荷」が祀られてある。 (いたばしの寺院より)

板橋区教育委員会掲示による智清寺の縁起

御本尊阿弥陀如来。宗派浄土宗。龍光山恵照院と称する。
室町時代初期、見誉上人智清によって創建されたと伝える。天正19年(1591)徳川家康により寺領5石を寄進された御朱印寺である。
境内には、板橋上宿の名主板橋市左衛門家歴代の墓碑や、明治初年前田家下屋敷払い下げに活躍した小松了従の墓碑、そして明治の歌人相沢朮の墓碑などがある。
山門前にある正徳4年(1714)の石橋は、江戸から大正時代に使用された中用水に架けられたもの。中用水は、農業用水として石神井川の水を分水したもので、明治5年板橋町と下流の上十条村以下7ヶ村との間で配水を巡って争い、板橋の農民が当寺に立てこもった。同石橋は、昭和60年度の板橋区登録文化財(史跡)に認定された。(板橋区教育委員会掲示より)


智清寺所蔵の文化財

  • 智清寺の石橋(板橋区登録文化財)
  • 雪廼舎相沢朮の墓

雪廼舎相沢朮の墓

雪廼舎相沢朮の墓
文政8年(1825)年越後国六日町の医者石川有節の長男として生まれる。幼名は富蔵、諱は高尚、後に玄英、周碩と改める。医術を江戸の大久保東渓や成田宗信に、蘭学を大阪の六人部右衛門に学ぶ。弘化3年(1846)年三河国西尾藩主松平乗全の測医相沢良安の養子となり、その娘扇子と結婚して江戸に住む。後に家督を継いで湛庵と改める。明治元年西尾に移り、明治3年朮の名を藩主乗秩より賜る。
朮は文学を好み、漢学を江戸の前田観海、桑名の森樅堂に、和歌を井上文雄、加藤千浪、佐々木弘綱に学ぶ。明治9年東京に移り、医を開業するかたわら和歌を楽しむ。明治20年板橋町に居を構えると医を離れ、門人への和歌の指導に専念する。
明治37年5月28日逝去。享年81歳。親族の眠る智清寺に埋葬される。法名は修徳院仁誉高尚居士。(板橋区教育委員会掲示より)


智清寺の周辺図


大きな地図で見る


葬儀社紹介・葬儀相談

葬儀支援ネット