猫の足あとによる板橋区の寺院、神社など板橋区の寺社案内 猫の足あとによる板橋区の寺院、神社など板橋区の寺社案内
猫の足あと

宗仙寺|板橋区板橋にある日蓮宗寺院

宗仙寺の概要

日蓮宗寺院の宗仙寺は、本光山と号します。宗仙寺は、延宝5年(1677)に大阪天満蓮興寺5世日順上人が河内国若江村に創建しました。明治初年の廃仏毀釈により衰退し、明治21年(1888)日成上人が当地へ移転しました。

宗仙寺
宗仙寺の概要
山号 本光山
院号 -
寺号 宗仙寺
住所 板橋区板橋2-22-14
本尊 曼荼羅
宗派 日蓮宗
葬儀・墓地 宗仙寺会館で、宗旨宗派を問わず葬儀利用可能
備考 -



宗仙寺の縁起

宗仙寺は、延宝5年(1677)に大阪天満蓮興寺5世日順上人が河内国若江村に創建しました。明治初年の廃仏毀釈により衰退し、明治21年(1888)日成上人が当地へ移転しました。

いたばしの寺院による宗仙寺の縁起

延宝5年(1677)に大阪天満蓮興寺5世日順上人により、本山要法寺の末寺として、佐渡屋彦兵衛を開基として、河内国若江村に創建さる。以後連綿法灯を守り続けたが、明治初年の廃仏毀釈に遭い漸く衰微したのを、寺運の再興を図るべく明治21年(1888)、日成上人により北豊島郡金井窪村字東の既存墓地に移転してきた。後、中興2世日宝上人は本堂庫裡等総欅造り堂宇を整備したが、今次の大戦の空襲により昭和20年4月13日拂暁に総て灰燼に帰してしまった。現在の堂宇は第3世により見事に復興されている。(いたばしの寺院より)

板橋区教育委員会掲示よる宗仙寺の縁起

宗派は日蓮本宗で、本光山宗仙寺と号す。御本尊は、驥尾日守上人御筆の曼荼羅です。
当寺は、延宝5年(1677)に、大坂天満の蓮興寺5世日順上人を開山に、本山京都要法寺の末寺として河内国若江村(現東大阪市)で創建されたのに始まります。開基は蓮興寺檀中の佐渡屋彦兵衛で、寺号は彦兵衛の法名「一心庵宗仙日慶」に由来します。
その後、二百年あまりその地で法灯が守られてきましたが、明治21年(1888)になって、要法寺50世で当寺中興1世の日城上人により現在の地に移転してきました。続く2世日宝上人により本堂や庫裡などの建物が整備されますが、昭和20年4月13日の空襲ですべてが焼失してしまいました。昭和44年に本堂以下の建物が再建され、平成14年には本堂が新築されて現在の姿となりました。
毎年、春秋の彼岸会や8月の施餓鬼会、10月12日のお会式などの法会が営まれています。(板橋区教育委員会掲示より)


宗仙寺の周辺図


大きな地図で見る


葬儀社紹介・葬儀相談

葬儀支援ネット