猫の足あとによる板橋区の寺院、神社など板橋区の寺社案内 猫の足あとによる板橋区の寺院、神社など板橋区の寺社案内
猫の足あと

龍福寺|板橋区小豆沢にある真言宗智山派寺院、板碑寺

龍福寺の概要

真言宗智山派寺院の龍福寺は、薬王山東光院と号します。龍福寺は、室町時代末に袋村(現北区岩淵町)の真頂院の僧運珍が隠居寺として創建したといわれており、建長7年(1255)以降の数多くの板碑や、小豆沢地名由来の伝承が残されています。江戸時代には南照山興隆寺、閻魔堂、教性院を末寺に擁していました。豊島八十八ヶ所霊場86番札所です。

龍福寺
龍福寺の概要
山号 薬王山
院号 東光院
寺号 龍福寺
住所 板橋区小豆沢4-16-3
本尊 大日如来
宗派 真言宗智山派
葬儀・墓地 龍福寺会館
備考 豊島八十八ヶ所霊場86番札所、板碑寺、小豆沢地名由来の伝承



龍福寺の縁起

龍福寺は、室町時代末に袋村(現北区赤羽)の真頂院の僧運珍が隠居寺として創建したといわれており、建長7年(1255)以降の数多くの板碑や、小豆沢地名由来の伝承が残されています。江戸時代には南照山興隆寺、閻魔堂、教性院を末寺に擁していました。豊島八十八ヶ所霊場86番札所です。

板橋区教育委員会掲示による龍福寺の縁起

ご本尊は大日如来。宗派は真言宗智山派。薬王山東光院龍福寺と号しています。
本寺は、室町時代末に袋村(現北区赤羽)の真頂院の僧運珍が隠居寺として創建したのに始まるといわれています。その後の寺暦について詳細は不明ですが、19世紀初頭の「新編武蔵風土記稿」に末寺として興隆寺や教性院があげられているので、この頃には寺勢いを誇る寺となっていたことがわかります。
本寺に伝わる「薬師縁起」には、薬師堂に祀られている薬師如来が天長年間(824-834)に台地下の七々子崎と呼ばれる荒川の入り江で発見されたことや、小豆沢の地名が、平将門への貢物を積んだ舟がここで沈み、その際積荷の小豆が流出したことに由来していることが書かれています。
本寺には、かつて二十余基の板碑があって、板碑寺とも呼ばれていましたが、先の大戦の空襲で、その多くが破損し、現在では昭和58年度に板橋区の指定文化財となった建長7年(1255)の板碑など7基が残るだけです。
なお、当寺は豊島八十八ヶ所霊場の第86番札所となっています。(板橋区教育委員会掲示より)

いたばしの寺院による龍福寺の縁起

室町末期に袋町の真頂院の住職運珍和尚が隠居寺として創建したのが始まりと伝えられる。世代の項で述べたごとく、只今のところ由緒沿革は明らかにされていない。
しかし本寺は由緒の深い寺であることは、文化文政の新編武蔵風土記稿に記載があり、平将門を伝える薬師縁起の伝承、現存する建長の板碑等からも十分に推察される。(いたばしの寺院より)

新編武蔵風土記稿による龍福寺の縁起

新編武蔵風土記稿巻之十四豊島郡之六。
新義真言宗、袋村真頂院の末、薬王山東光院と号す、本尊大日、別に不動を安す、共に運慶の作、世代の内、宥尊正保4年12月24日寂すと言いこの外のことを伝えず、客殿の軒に明和4年鋳造の大鐘をかく、什宝に乗鞍一掛あり、境内薬師仏と同時に水中より得しと、破損せるさまいと古色なり鎧もありし由今は失へり、興隆寺(南照山と号す、本尊弥陀)、閻魔堂、教性院、以上龍福寺の門徒なり、慈剣山と号す、不動を本尊とす、地蔵堂(教性院の持)、堂側に古碑5基あり、1は慶己酉3月15日とあり、上欠攘せり、干支に按に延慶2年巳酉なるべし、1は嘉暦3年7月日、1は光蓮建武3、1は永正5年7月15日逆修本禅門とあり。
観音堂、教性院の持。
小豆沢村は、往昔荒川の入江に傍て七々子崎と唱へし湊なり、平将門東国を押領せし頃、貢物の小豆を積来りし舟、この江に沈みしかは此名は起これりと「龍福寺薬師縁起」に見えたり。薬師堂、寺記に云、天長年中当所は七々子崎と云う入江なり、江中夜々光を放っ依て此像を得て安置せり、其出現せし池と云は境内の後背にて今は御手洗となれり。(新編武蔵風土記稿の寺院より)


龍福寺所蔵の文化財

  • 龍福寺建長7年(1255)板碑(板橋区指定文化財)
  • 小豆沢貝塚(板橋区指定文化財)

龍福寺の周辺図


大きな地図で見る


葬儀社紹介・葬儀相談

葬儀支援ネット