猫の足あとによる板橋区の寺院、神社など板橋区の寺社案内 猫の足あとによる板橋区の寺院、神社など板橋区の寺社案内
猫の足あと

松月院|板橋区赤塚にある曹洞宗寺院

松月院の概要

曹洞宗寺院の松月院は、萬吉山宝持寺と号します。松月院は、古くから当地に存在していた宝持寺を、千葉自秀が曹洞宗の千葉一族の菩提寺として、明応壬申子年(延徳4年1492年)4月に松月院と改めて創建したといいます。徳川家康の入府後は石高40石、境内15,000坪の除地を与えられた御朱印寺でした。現在も境内3,860坪、1,000戸超の檀家を抱える大寺だといいます。

松月院
松月院の概要
山号 萬吉山
院号 松月院
寺号 宝持寺
住所 板橋区赤塚8-4-9
本尊 南無釈迦牟尼仏
宗派 曹洞宗
葬儀・墓地 檀家の方のみ
備考 境外堂:大堂



松月院の縁起

松月院は、古くから当地に存在していたを、千葉自秀が曹洞宗の千葉一族の菩提寺として、明応壬申子年(延徳4年1492年)4月に松月院と改めて創建したといいます。徳川家康の入府後は石高40石、境内15,000坪の除地を与えられた御朱印寺でした。現在も境内3,860坪、1,000戸超の檀家を抱える大寺だといいます。

いたばしの寺院による松月院の縁起

本寺については四神地名録・新編武蔵風土記稿・武蔵野話・江戸名所図会・遊歴雑記・武蔵通志・等に記載されているが、通説では明応壬申子年(延徳4年:1492)4月に千葉自秀(七郎二郎)を開基とし、曇英(慧応)を開山として創建されたという。自秀は永正3年6月23日卒し、松月院南州玄参と墓石に刻され、曇英は永正元年10月14日寂し、宝光智照禅師曇英慧応大和尚と位牌に残る。雲英は上野国群馬郡白井村雙林寺の第3世であった。
千葉自胤は、父実胤の在城下総国市川城が康生2年正月19日成氏のため落城させられると、遁れて赤塚城に入った。
それから三十数年の後、従来から存在していた宝持寺をあらためて千葉一族の菩提寺となし宗派を曹洞宗を以てし、院号を「松月院」と称し自ら中興開基となり、延徳4年(1492)11月5日に寺領を寄進したものと考えられる。これより前、古寺のあったことは元徳元年(1329)銘の比丘尼了雲の墓石の残存によって知られる。
松月院は既に500年以上も経過した古寺であり大寺である。そして、千葉家の菩提寺であった為その寺紋は千葉家の紋所「月星」を以てしている。
天正18年(1590)8月1日徳川家康が江戸に入るや、翌天正19年11月に寺領40石を寄進した。代々の将軍も先例にならい40石の朱印状を交付して幕末に至った。
天保12年(1841)5月9日、高島秋帆が幕命により徳丸ヶ原に於て、隊員と共に洋式砲発射訓練をした際は、三日間本寺を本陣として使用した。なお、三遊亭円朝の「怪談乳房榎」や、下村湖人の「次郎物語」は、本寺を中心とした付近の風物がモデルとして多く採り入れられている。 (いたばしの寺院より)


松月院所蔵の文化財

  • 徳川将軍朱印状(板橋区文化財)
  • 伝千葉一族の墓地(板橋区文化財)
  • 松月院のヒイラギ(板橋区文化財)
  • 大堂閻魔王坐像(板橋区文化財)
  • 大堂阿弥陀如来坐像(板橋区文化財)
  • 赤塚村役場跡(板橋区文化財)

松月院の周辺図


大きな地図で見る


葬儀社紹介・葬儀相談

葬儀支援ネット