猫の足あとによる板橋区の寺院、神社など板橋区の寺社案内 猫の足あとによる板橋区の寺院、神社など板橋区の寺社案内
猫の足あと

東京大仏乗蓮寺|板橋区赤塚にある浄土宗系単立寺院

東京大仏乗蓮寺の概要

浄土宗系単立の乗蓮寺は、赤塚山慶学院と号します。応永年間(1394-1428)に了賢無的が山中村(現仲町専称院の地)に開創しました。安土桃山時代末期に旧中山道沿い仲宿へ移転、天正19年には徳川家康より10石の朱印地を拝領しました。さらに八代将軍吉宗以降は御膳所としても利用されています。国道17号線の拡張、環状6号線の開設、首都高速道路の建設により、昭和46年から53年にかけて赤塚城二ノ丸跡の当地へ移転しました。北豊島三十三ヶ所霊場21番札所です

東京大仏乗蓮寺
東京大仏乗蓮寺の概要
山号 赤塚山
院号 慶学院
寺号 乗蓮寺
住所 板橋区赤塚5-28-3
本尊 阿弥陀如来
宗派 浄土宗系単立
葬儀・墓地 -
備考 東京大仏、北豊島三十三ヶ所霊場21番札所



東京大仏乗蓮寺の縁起

乗蓮寺は、応永年間(1394-1428)に了賢無的が山中村(現仲町専称院の地)に開創しました。安土桃山時代末期に旧中山道沿い仲宿へ移転、天正19年には徳川家康より10石の朱印地を拝領しました。さらに八代将軍吉宗以降は御膳所としても利用されています。国道17号線の拡張、環状6号線の開設、首都高速道路の建設により、昭和46年から53年にかけて当地へ移転しました。

板橋区教育委員会掲示による東京大仏乗蓮寺の縁起

御本尊は阿弥陀如来。浄土宗で赤塚山慶学院と称しています。応永年間(1394-1428)に了賢無的が山中村(現仲町専称院の地)で人々に教化したことに始まり、後に板橋の中宿(現仲宿)に移転したと伝えられています。
天正19年(1591)に徳川家康から10石の朱印地を与えられて以来、代々の将軍から朱印状を与えられました。また寛保3年(1743)に将軍吉宗が鷹狩りの際に雨宿りしたのが縁となり、それ以降将軍家の鷹狩りの小休所や御膳所となりました。
高速道路の建設にともなう国道17号線の拡幅工事により、昭和46年から7年の歳月をかけて現在の地に移転しましたが、その際に転載戦災等の無縁仏の供養や恒久平和を祈願して青銅製の東京大仏が建立されました。
境内には、板橋の領主板橋信濃守忠康の墓や天保飢饉供養塔、藤堂家ゆかりの石像があります。(板橋区教育委員会掲示より)

いたばしの寺院による東京大仏乗蓮寺の縁起

本寺はもと孤雲山慶学院乗蓮寺と称したが、その後慶学山となり現在は赤塚山を山号とする。今より約600年前室町時代の応永年間に了賢無的和尚が当時草深い板橋の一角、山中村に草庵を結び民衆を教化したのが始まりで、後、安土桃山時代の末期に今の旧中山道沿いの仲宿に移転した。天正19年11月徳川家康より10石の朱印地を賜り、代々の将軍がそれを踏襲し、寛保3年(1743)4月7日八代将軍吉宗が鷹狩りの際、雨宿りしたのが縁となって、後、将軍の休息御膳所に指定された。境内の閻魔堂は近隣にその名を知られ多くの信仰を集め、名刹の名を一層高からしめた。今次の大戦中より戦後にかけて、国道17号線の拡張、環状6号線の開設、特に高速道の建設に依り寺域が半減するに至り、現在地旧赤塚城二ノ丸に移転した。昭和46年より7ヶ年の歳月を費して全山の移転が完了した。東京大仏といわれる日本第3位の大仏は昭和52年4月11日に開眼された。(いたばしの寺院より)


東京大仏乗蓮寺所蔵の文化財

  • 天保飢饉の供養塔(板橋区文化財)
  • 乗蓮寺文書(板橋区文化財)
  • 板橋信濃守忠康墓(付石灯籠)(板橋区文化財)

板橋区教育委員会掲示による東京大仏乗蓮寺の縁起

天保の飢饉は、享保・天明の両飢饉と並び江戸時代三大飢饉の一つに数えられています。天保四年(1833)から同七年にかけて全国的な天候不順による凶作、疫病の流行によって大勢の餓死者や行路病死者(行き倒れ)が出ました。
幕府は、白米や銭を支給するとともに、同八年(1837)には、新宿・品川・千住・板橋の四宿に救助小屋を設けてその救済に務めましたが、亡くなる者はあとを絶ちませんでした。
この供養塔は、当時板橋宿の中宿にあった乗蓮寺の住職撮誉上人が、宿内の死者を寺内に埋葬し、その菩提を弔うために建立したものです。正面と左右の面には、江戸時代中期の高僧祐天上人筆の「南無阿弥陀仏」の名号が、また台座には同八年三月から十一月の間に亡くなった四二三人(男三三三人、女四九人、子供四一人)の戒名が刻まれています。
昭和六十一年度に板橋区の文化財(歴史資料)に登録されました。(板橋区教育委員会掲示より)


東京大仏乗蓮寺の周辺図


大きな地図で見る


葬儀社紹介・葬儀相談

葬儀支援ネット