猫の足あとによる板橋区の寺院、神社など板橋区の寺社案内 猫の足あとによる板橋区の寺院、神社など板橋区の寺社案内
猫の足あと

志村熊野神社|板橋区志村の神社、志村将監勧請、志村城跡

志村熊野神社の概要

志村熊野神社は、板橋区志村にある熊野神社です。志村熊野神社は、長久3年(1042)志村将監が勧請したと伝えられており、古墳上に社殿が鎮座しています。康正2年(1456)に千葉自胤が赤塚城に、千葉信胤が当地の志村城に入城し、当社を志村城の守護神としました。志村七村の鎮守で、大正13年に郷社に列格しました。

志村熊野神社
志村熊野神社の概要
社号 志村熊野神社
祭神 伊邪那岐命、伊邪那美命、事解男命
相殿 -
境内社 大山阿夫利神社、榛名神社、御嶽神社、天照皇大神宮、八幡神社、桃花稲荷神社、溜下稲荷神社、石神社
住所 板橋区志村2-16-2
備考 志村城跡、城山幼稚園併設、志村七村の鎮守、郷社



志村熊野神社の由緒

志村熊野神社は、長久3年(1042)志村将監が勧請したと伝えられており、古墳上に社殿が鎮座しています。康正2年(1456)に千葉自胤が赤塚城に、千葉信胤が当地の志村城に入城し、当社を志村城の守護神としました。志村七村の鎮守で、大正13年に郷社に列格しました。

境内掲示による志村熊野神社の由緒

後朱雀天皇の長久3年(1042)この地の豪族志村将監が紀州熊野より勧請したものと伝えられています。
天喜年中八幡太郎義家が父頼義と共に奥州追討のとき武運長久の祈願をしました。
康正2年(1456)千葉隠岐守信胤が、西部に城砦を築き城内鎮守として厚く崇敬しました。社殿西側の低地は本丸と二ノ丸との間にあった空濠の跡です。(板橋区教育委員会掲示より)

板橋区教育委員会掲示による熊野神社と志村城跡

志村城は、康正2年(1456)に千葉自胤が赤塚城に入城した際、一族の千葉隠岐守信胤が入城して、赤塚城の前衛拠点とした。
本丸は志村小学校を中心とする一帯の丘陵地で、出井川と荒川をめぐらせ”守るに易く攻めるに難し”といわれる堅城であったが、大永4年(1524)に北条氏綱に攻められて落城した。
熊野神社は志村城二ノ丸にあたり、社殿は古墳上に建てられている。長久3年(1042)、志村将監が紀州から勧請したと伝えられており、千葉自胤が志村城の守護神と定めた。現在の社殿は昭和32年に改築されたものである。社殿の西側には今でも空濠の跡を見ることができる。(板橋区教育委員会掲示より)


志村熊野神社所蔵の文化財

  • 志村熊野神社の樹林(板橋区文化財)

志村熊野神社の周辺図


大きな地図で見る


葬儀社紹介・葬儀相談

葬儀支援ネット