猫の足あとによる板橋区の寺院、神社など板橋区の寺社案内 猫の足あとによる板橋区の寺院、神社など板橋区の寺社案内
猫の足あと

清水稲荷神社|板橋区宮本町の神社

清水稲荷神社の概要

清水稲荷神社は、板橋区宮本町にある稲荷神社です。当地周辺をかつて「前野村小名清水」と称していたことから清水稲荷神社と称します。

清水稲荷神社
清水稲荷神社の概要
社号 稲荷神社
祭神 豊受姫命
相殿 -
境内社 -
祭日 例大祭9月19日
住所 板橋区宮本町54-1
備考 -



清水稲荷神社の由緒

清水稲荷神社の創建年代は不詳ですが、新編武蔵風土記稿豊島郡前野村の条に「熊野社二、共に村の鎮守なり常楽院持下同じ。稲荷社」と記載されており、新編武蔵風土記稿が編纂された文化文政年間(1804-1829)には既に創建されていたことが窺えます。

清水稲荷神社所蔵の文化財

  • 稲荷神社のイチョウ

稲荷神社のイチョウ

樹種、いちょう(イチョウ科)。樹高、約15メートル。目通り、約350cm。根回り、約60cm。樹齢、約500年(推定)。
稲荷神社は「清水稲荷」として前野の鎮守として信仰を集めてきた。
大正の頃まで、前野村の雨乞い祭りの際には、藁で作った竜神が村内を練り歩き、最後に鳥居に向って左側にある、この神木のイチョウに巻きつけられたという。
木の主幹は直立し、乳も垂れて風格がある。銀杏の落下がないので雄株とみられる。樹冠は商店街の道路上にまで広がり、樹勢は旺盛である。
平成6年度、板橋区登録文化財の天然記念物(名木・巨樹・老樹等)とした。(板橋区教育委員会掲示より)


清水稲荷神社の周辺図


大きな地図で見る


葬儀社紹介・葬儀相談

葬儀支援ネット