猫の足あとによる板橋区の寺院、神社など板橋区の寺社案内 猫の足あとによる板橋区の寺院、神社など板橋区の寺社案内
猫の足あと

蓮沼氷川神社|板橋区蓮沼町の神社、十度の宮

蓮沼氷川神社の概要

蓮沼氷川神社は、板橋区蓮沼町にある氷川神社です。蓮沼氷川神社は、慶長年間(1596-1615)、蓮沼村字前沼(現在の浮間舟渡駅の西側一帯)に創建されたと伝えられます。享保年間に南蔵院とともに当地へ移転しています。明治期には村社に列格されていました。

蓮沼氷川神社
蓮沼氷川神社の概要
社号 蓮沼氷川神社
祭神 須佐之男命、奇稲田姫命
相殿 -
境内社 稲荷社
住所 板橋区蓮沼町48-4
備考 蓮沼村鎮守、村社、十度の宮、旧別当:南蔵院



蓮沼氷川神社の由緒

蓮沼氷川神社は、慶長年間(1596-1615)、蓮沼村字前沼(現在の浮間舟渡駅の西側一帯)に創建されたと伝えられます。享保年間に南蔵院とともに当地へ移転しています。明治期には村社に列格されていました。

板橋区教育委員会掲示による蓮沼氷川神社の由緒

当社は古来蓮沼村の鎮守で、御祭神は須佐之男命と奇稲田姫命です。慶長年間(1596-1615)に現さいたま市の氷川神社から、蓮沼村字前沼(現在の浮間舟渡駅の西側一帯)に勧請されたのが創建と伝えられています。 蓮沼村は、享保年間(1716-1736)に荒川氾濫の被害を受け、高台にある現在地に移動しました。その時に、当社も新井三郎衛門が村人とともに、前沼から現在地に移転したといいます。また、当社の別当寺であった南蔵院も、同様に移転したと伝えられています。 明治7年には村社に指定されました。 彼岸前の日曜日に行われる秋祭の際には、湯花神楽が奉納されています。(板橋区教育委員会掲示より)

十度の宮の由来について

享保9年(1724)、この水禍を避けるため、氏神と共に現地丘上に移った。神仏混交の時代、この寺(南蔵院)が別当をしていた蓮沼氷川神社を俗に「十度の宮」と呼んでいた。出水の都度流失し、社殿が移動した結果の呼称である。その後、隣寺金剛院を合併し現在に至る。(南蔵院にある板橋区教育委員会掲示より)


蓮沼氷川神社の周辺図


大きな地図で見る


葬儀社紹介・葬儀相談

葬儀支援ネット