猫の足あとによる江戸川区の寺院、神社など江戸川区の寺社案内 猫の足あとによる江戸川区の寺院、神社など江戸川区の寺社案内
猫の足あと

成就寺|江戸川区平井にある天台宗寺院

成就寺の概要

天台宗寺院の成就寺は、嘉桂山西光院と号します。成就寺は、嘉祥元年(848)慈覚大師が開山、正和3年(1314)舜慶法印が中興したものと伝えられます。本所にあった時、門前に枳の並木があったことから、「からたち寺」と呼ばれています。明治40年に当地へ移転したといいます。

成就寺
成就寺の概要
山号 嘉桂山
院号 西光院
寺号 成就寺
住所 江戸川区平井1-24-33
宗派 天台宗
葬儀・墓地 -
備考 逆井保育院



成就寺の縁起

成就寺は、嘉祥元年(848)慈覚大師が開山、正和3年(1314)舜慶法印が中興したものと伝えられます。本所にあった時、門前に枳の並木があったことから、「からたち寺」と呼ばれています。明治40年に当地へ移転したといいます。

「江戸川区史」による成就寺の縁起

成就寺(平井一丁目二四番三三号)
嘉桂山西光院と号し天台宗で延暦寺の末、もとは本所竹町にあったが明治四十年現在地に墓地を移し、昭和二年に本堂その他を移転した。本所にあった頃門前にカラタチの並木があったので「カラタチ寺」といわれた。
昔は嘉祥山寂光院と称し、嘉祥元年(八四八)慈覚大師が開山し、後に正和三年舜慶法印が中興したという。本尊は木造阿弥陀如来立像で聖徳太子作と伝えられ、墨田区の木母寺から移したものである。寺宝に神田宗庭筆の千手観音像一幅を所蔵し、墓地に越智二楽(兵学家)、越智鳳台(兵学家)、荻野楳塢(仏学者)、寺島梅里(画家)、富本延寿斉(清元)、那波征甫(浅草紙創始者)、山本梅痴(画家)などの墓がある。(江戸川区史より)

「東京名所図会」による成就寺の縁起

成就寺
成就寺は、中之郷竹町二十七番地に在り。嘉桂山と號し。西光院と稱す。天台宗にして近江國延暦寺の末寺なり。
嘉祥元年慈覚大師の開基にて。舜慶法印之を中興す。江戸砂子には。正和三甲寅年起立とあり。往古は嘉祥山寂光寺圓仁院と唱ふ。
本尊は聖徳太子の作と稱する阿弥陀如来にて。寺に嘉祥元戊申年八月十二日と刻したる碑を蔵すといふ。
門頭に西葛西三十三所観世音第二番三井寺寫と標示す。
境内に林諸鳥の建てし碑あり。
萬葉集巻十四下総國歌曰
爾保杼里能可思加和世乎爾倍須毛曾能可奈之伎乎刀爾多氏米也母
葛西郡本下総國也貞享三年丙寅春閏正月割利根川西属武蔵國云、天明二年壬寅冬十月林居士諸鳥得陸奥國牡鹿郡石建之。
又夢宇居士の碑あり。文政八年冬十一月の建設にて。菱湖巻大任の撰文なり。(東京名所図会より)


成就寺の周辺図