猫の足あとによる江戸川区の寺院、神社など江戸川区の寺社案内 猫の足あとによる江戸川区の寺院、神社など江戸川区の寺社案内
猫の足あと

広済寺|江戸川区春江町にある黄檗宗寺院

広済寺の概要

黄檗宗寺院の広済寺は万徳山と号します。広済寺は、潮音禅師が開山となり、正徳2年(1712)に深川に創建したといいます。関東大震災に罹災し、昭和8年当地へ移転したといいます。

広済寺
広済寺の概要
山号 万徳山
院号 -
寺号 広済寺
住所 江戸川区春江町4-23-4
本尊 -
宗派 黄檗宗
葬儀・墓地 -
備考 -



広済寺の縁起

広済寺は、潮音禅師が開山となり、正徳2年(1712)に深川に創建したといいます。関東大震災に罹災し、昭和8年当地へ移転したといいます。

「深川区史」による広済寺の縁起

廣濟寺は同町(本村町)六十五番地に在り。黄檗宗にして萬徳山と號す。開山は潮音禅師なり。
本堂の傍に吊しある鐘は。雲鳳水龍の浮彫ありて。他と鐘と少しく異なり。
境内榎の老朽樹あり。又一貫斎朝日先生碑と題するあり。其の末に天保十一年庚子十月備前太田保、從五位下丹後守平朝臣直恒書幷題額と刻せり。(「深川区史」より)

「江戸川区史」による広済寺の縁起

広済寺
黄檗宗で万徳山と号し、正徳二年(一七一二)僧潮音が創建し、享保十八年に禎山上人が中興した。本尊に正観世音をまつる。当寺は深川本村町にあったが大正十二年の震災で焼失したので、昭和八年現在地に転入した。祈祷所としてよく知られている。(「江戸川区史」より)


広済寺の周辺図