猫の足あとによる江戸川区の寺院、神社など江戸川区の寺社案内 猫の足あとによる江戸川区の寺院、神社など江戸川区の寺社案内
猫の足あと

法龍寺|江戸川区船堀にある浄土宗寺院

法龍寺の概要

浄土宗寺院の法龍寺は、幸雲山道観院と号します。法龍寺は、幸蓮社雲誉道観法龍上人(元和2年1616年寂)が開山となり慶長年間に創建したといいます。

法龍寺
法龍寺の概要
山号 幸雲山
院号 道観院
寺号 法龍寺
住所 江戸川区船堀6-9-30
本尊 来迎阿弥陀如来像
宗派 浄土宗
葬儀・墓地 -
備考 -



法龍寺の縁起

法龍寺は、幸蓮社雲誉道観法龍上人(元和2年1616年寂)が開山となり慶長年間に創建したといいます。

新編武蔵風土記稿による法龍寺の縁起

(船堀村)法龍寺
浄土宗、東小松川村源法寺末、幸雲山道観院と号す。本尊阿弥陀。開山幸蓮社雲誉法龍、元和2年7月9日寂す。当寺古は京都知恩院末なりしが、第3世深誉の時源法寺の末になりしと云。深誉は元禄15年寂す。
水神社(新編武蔵風土記稿より)

江戸川区教育委員会掲示による法龍寺の縁起

法龍寺
浄土宗で、幸雲山道観院と号します。本尊は阿弥陀如来です。慶長年間に幸蓮社雲誉道観法龍上人が開山しました。北辰一刀流の武芸者北島桃源の墓があります。(江戸川区教育委員会掲示より)


法龍寺所蔵の文化財

  • 青面金剛像庚申塔(江戸川区登録有形民俗文化財)
  • 大岡勇喜頌徳碑(江戸川区登録有形民俗文化財)
  • 食用蛙供養塔

青面金剛像庚申塔

寛文4年(1654)造立で、金剛像の下二三猿が刻まれています。(江戸川区教育委員会掲示より)

大岡勇喜頌徳碑

大賀勇喜は、明治8年に船堀村に移り住んで私立大岡学校を開きました。その子弟が先生の徳をたたえて碑を建てました。(江戸川区教育委員会掲示より)

食用蛙供養塔

山門前にあります。食用蛙は昭和の初め頃から区内に生息し、蓮田や水田が多かったので自然繁殖を続け、輸出するほどになりました。当時は、捕獲は都の条例で許可制でした。終戦後は蛙を捕え、加工業者に渡し、生計を保つものも現われました。供養塔は東京都食用蛙組合によって、昭和27年に建てられた大変珍しいものです。(江戸川区教育委員会掲示より)


法龍寺の周辺図


大きな地図で見る