猫の足あとによる江戸川区の寺院、神社など江戸川区の寺社案内 猫の足あとによる江戸川区の寺院、神社など江戸川区の寺社案内
猫の足あと

常龍寺|江戸川区江戸川にある日蓮宗寺院

常龍寺の概要

日蓮宗寺院の常龍寺は、江戸川区江戸川にある日蓮宗の寺院です。常龍寺は、大明院日光聖人が創建したといいます。大明院日光聖人は、磯子妙蓮寺を創建した他、横浜妙音寺の中興に力を尽くしたといいます。

常龍寺
常龍寺の概要
山号 -
院号 経善院
寺号 常龍寺
住所 江戸川区江戸川6-15-10
本尊 不動明王
宗派 日蓮宗
葬儀・墓地 -
備考 -



常龍寺の縁起

常龍寺は、経善院日正大徳(寛永7年1630年寂)が開山、大明院日光聖人が創建したといいます。大明院日光聖人は、磯子妙蓮寺を創建した他、横浜妙音寺の中興に力を尽くしたといいます。

「江戸川区史」による常龍寺の縁起

常竜寺(江戸川六丁目一五番地一〇号)
日蓮宗で経善院という。もと妙勝寺の塔中に日朝堂、中ノ坊は隠居寺になっていた。土地の老人はなまって「ナカノブ」といっている。開山は経善院日正大徳で、寛永七年十二月六日寂。金智順師は支那に於いて戦病死、また先代慈教院日持上人も昭和二十年戦病死のため、一之江の長勝寺が兼務している。(「江戸川区史」より)


常龍寺の周辺図