猫の足あとによる江戸川区の寺院、神社など江戸川区の寺社案内 猫の足あとによる江戸川区の寺院、神社など江戸川区の寺社案内
猫の足あと

光照寺|江戸川区本一色にある真言宗豊山派寺院

光照寺の概要

真言宗豊山派寺院の光照寺は、紫雲山円勝院と号します。光照寺は、嘉慶元年(1387)正如法印が草庵を結び、奥宮山青蓮院慈眼寺と号していたといい、延享2年(1745)光照寺と改めたといいます。紫雲山円勝寺(新義真言宗上小松村正福寺末)と共に、本一色村内の神社(本一色天祖神社本一色北野神社)の別当を勤めていたといいます。明治5年に廃寺となった紫雲山浄本院円勝寺(元亀2年草創)のあった当地へ移転、紫雲山円勝院光照寺と改めたといいます。

光照寺
光照寺の概要
山号 紫雲山
院号 円勝院
寺号 光照寺
住所 江戸川区本一色3-16-28
本尊 聖観音像
宗派 真言宗豊山派
葬儀・墓地 -
備考 -



光照寺の縁起

光照寺は、嘉慶元年(1387)正如法印が草庵を結び、奥宮山青蓮院慈眼寺と号していたといい、延享2年(1745)光照寺と改めたといいます。紫雲山円勝寺(新義真言宗上小松村正福寺末)と共に、本一色村内の神社(本一色天祖神社本一色北野神社)の別当を勤めていたといいます。明治5年に廃寺となった紫雲山浄本院円勝寺(元亀2年草創)のあった当地へ移転、紫雲山円勝院光照寺と改めたといいます。

新編武蔵風土記稿による光照寺の縁起

(本一色村)光照寺
新義真言宗上小松村正福寺末、興宮山青蓮院ト号ス。
本尊正観音ヲ安ス。(新編武蔵風土記稿より)

「江戸川区史」による光照寺の縁起

光照寺(本一色町四二三番地)
真言宗豊山派で紫雲山円勝院という。総本山は長谷寺でもとは正福寺の末、本尊に観音菩薩をまつる。嘉慶元年(一三八七)正如法印が草庵を結び、奥宮山青蓮院慈眼寺と称していたが、延享二年光照寺と改称した。
この地には別に一寺あって、元亀二年の草創で紫雲山浄本院円勝寺といったが、明治五年六月円勝寺跡に移転して紫雲山円勝院光照寺と改めた。本堂は慶応元年に改築され更に昭和十六年に改築された。又昭和四十九年には付属建物が新築完成した。(「江戸川区史」より)


光照寺の周辺図


大きな地図で見る