猫の足あとによる江戸川区の寺院、神社など江戸川区の寺社案内 猫の足あとによる江戸川区の寺院、神社など江戸川区の寺社案内
猫の足あと

船堀稲荷神社|江戸川区船堀の神社

船堀稲荷神社の概要

船堀稲荷神社は、江戸川区船堀にある稲荷神社です。船堀稲荷神社は、当地を開拓した七戸の家が元禄4年(1691)に稲荷大神を勧請して創建、旧船堀村西組の鎮守だったといいます。明治7年稲荷神社と改め、村社となっていたといい、荒川放水路開削のため、大正4年に西船堀422地から当地へ遷座したといいます。船堀稲荷神社

船堀稲荷神社の概要
社号 稲荷神社
祭神 豊受姫命
相殿 -
境内社 水神社、根乃権現神社
住所 江戸川区船堀1-1-5
備考 -



船堀稲荷神社の由緒

船堀稲荷神社は、当地を開拓した七戸の家が元禄4年(1691)に稲荷大神を勧請して創建、旧船堀村西組の鎮守だったといいます。明治7年稲荷神社と改め、村社となっていたといい、荒川放水路開削のため、大正4年に西船堀422地から当地へ遷座したといいます。

「江戸川区史」による船堀稲荷神社の由緒

稲荷神社(船堀一丁目一番五号)
このあたりは寛永の末頃から人が住むようになったといわれ、この土地を開いた七戸の人たちが、元禄四年(一六九一)に稲荷大明神を勧請して五穀豊饒を祈願したのに始まるという。祭神は豊受姫命、旧船堀村西組の鎮守で東小松川の宝珠院が別当であった。明治七年に稲荷神社と称し村社となった。もとは西方の四三二番地にあったが、荒川の開さくにより大正四年現在地に遷座した。境内に水神社の小社と根乃権現神社の小祠がある。(「江戸川区史」より)

東京都神社名鑑による船堀稲荷神社の由緒

船堀の里は、江戸幕府のはじめのころは、一面の葦原であったが、寛永(一六二四-四四)の末ころようやく人住みはじめ、元禄(一六八八-一七〇四)のはじめ、七戸の家、土地を開き、同四年産土の神として稲荷大神を勧請し、五穀豊穣を祈願した。当社の創立である。明治初年までは東小松川宝珠院持にて、維新後稲荷神社となる。もと西船堀村四百二十二番地にあったが、大正のはじめ荒川放水路開鑿のため、現在の地に大正二年無償換地を内務省より受け、同四年遷宮鎮座したものである。(東京都神社名鑑より)


船堀稲荷神社の周辺図