猫の足あとによる江戸川区の寺院、神社など江戸川区の寺社案内 猫の足あとによる江戸川区の寺院、神社など江戸川区の寺社案内
猫の足あと

下今井香取神社|江戸川区東葛西の神社

下今井香取神社の概要

下今井香取神社は、江戸川区東葛西にある香取神社です。下今井香取神社の創建年代は不詳ながら、「境の宮」とも称し、下今井の総鎮守だったといいます。下今井香取神社は、旧下今井村附持添新田に鎮座していますが、旧長島村・旧桑川村との村境に位置していることから、境の宮とも称されるといいます。

下今井香取神社
下今井香取神社の概要
社号 香取神社
祭神 経津主命
相殿 -
境内社 水神社
住所 江戸川区東葛西1-45-29
祭日 -
備考 境の宮



下今井香取神社の由緒

下今井香取神社の創建年代は不詳ながら、「境の宮」とも称し、下今井の総鎮守だったといいます。

「江戸川区史」による下今井香取神社の由緒

香取神社(下今井町三四八番地)
境の宮とも称し経津主神を祀る下今井の総鎮守で旧村社であった。創建年代は不詳であるが、本殿下には昔から石棺が埋っていると伝えられている。宝永四年九月二十六日建立の香取明神の祠及び安永二癸已十一月願主下今井境之宮休念建立と記された信州善光寺三十三度供養塔などが残っている。(「江戸川区史」より)

「東京都神社名鑑」による下今井香取神社の由緒

鎮座年代不詳。亀井家文書によると、従前は真言宗蓮華寺別当とある。明治二年三月岡田真直神官拝命する。同七年十月当村田中省三祠掌拝命。同二十三年四月上鎌田村天祖神社に兼務拝命となる。「羽子日和芹田埋めていを男」(鳴瀬)とあり。昭和二十五年西小松川道ヶ嶋香取神社に兼務拝命となる。毎年正月元日の初詣でには亀井和泉守丸字切の矢の授与ありて、境内がたいへん賑わう。例年二月節分には総代代表による道ヶ嶋香取神社に奉幣が行なわれている。(「東京都神社名鑑」より)


下今井香取神社の周辺図