猫の足あとによる江戸川区の寺院、神社など江戸川区の寺社案内 猫の足あとによる江戸川区の寺院、神社など江戸川区の寺社案内
猫の足あと

中葛西稲荷神社|江戸川区中葛西の神社

中葛西稲荷神社の概要

中葛西稲荷神社は、江戸川区中葛西にある稲荷神社です。中葛西稲荷神社の創建年代等は不詳ながら、「十五面稲荷」と称していたといい、境内地は氏子佐久間平三郎からの寄進地だといいます。

中葛西稲荷神社
中葛西稲荷神社の概要
社号 稲荷神社
祭神 豊宇気比売神
相殿 -
境内社 -
住所 江戸川区中葛西5-28-10
祭日 -
備考 -



中葛西稲荷神社の由緒

中葛西稲荷神社の創建年代等は不詳ながら、「十五面稲荷」と称していたといい、境内地は氏子佐久間平三郎からの寄進地だといいます。

「江戸川区史」による中葛西稲荷神社の由緒

稲荷神社(新田一丁目二一三〇番地)
豊宇気比売神を祀り俗に「十五面稲荷」と称し創建は不詳。境内地は氏子の佐久間平三郎の寄進という。(「江戸川区史」より)

東京都神社名鑑による中葛西稲荷神社の由緒

当神社は、佐久開平三郎の宅地を、寄付好意によっての境内地八十五坪を有する。昔は南葛飾郡葛西村大字二之江の名称があって、桑川・二之江・下今井村の飛地で、桑川新田と呼んでいた。また創立は不詳。現在の神社は大正二年の建物である。(東京都神社名鑑より)


中葛西稲荷神社の周辺図