猫の足あとによる千代田区の寺院、神社など千代田区の寺社案内 猫の足あとによる千代田区の寺院、神社など千代田区の寺社案内
猫の足あと

佐竹稲荷神社|千代田区内神田の神社

佐竹稲荷神社の概要

佐竹稲荷神社は、千代田区内神田にある稲荷神社です。佐竹稲荷神社は、当地に江戸屋敷を構えた秋田藩佐竹氏が、藩邸の鬼門除けのため、寛永12年(1635)、邸内社として創建したといいます。関東大震災後の区画整理で当地へ遷座しました。

佐竹稲荷神社
佐竹稲荷神社の概要
社号 佐竹稲荷神社
祭神 宇迦之御魂神
相殿 -
境内社 -
住所 千代田区内神田3-10-1
備考 神田神社の兼務社



佐竹稲荷神社の由緒

佐竹稲荷神社は、当地に江戸屋敷を構えた秋田藩佐竹氏が、藩邸の鬼門除けのため、寛永12年(1635)、邸内社として創建したといいます。関東大震災後の区画整理で当地へ遷座しました。

東京都神社名鑑による佐竹稲荷神社の由緒

往昔、江戸の佐竹侯薄邸内に安置崇敬され、明治二年その家紋扇が旭なるにより、旭町と命名して町家となり、爾来同町の鎮護の神として、丑寅の一隅に安置された。大正十二年関東大震火災後、区画整理にさいし、現在地に奉安せられた。(東京都神社名鑑より)


佐竹稲荷神社の周辺図


大きな地図で見る