猫の足あとによる千代田区の寺院、神社など千代田区の寺社案内 猫の足あとによる千代田区の寺院、神社など千代田区の寺社案内
猫の足あと

麹町太田姫稲荷神社|千代田区麹町の神社

麹町太田姫稲荷神社の概要

麹町太田姫稲荷神社は、駿河台太田姫稲荷神社の分社と思われます。

麹町太田姫稲荷神社
麹町太田姫稲荷神社の概要
社号 麹町太田姫稲荷神社
祭神 倉魂稲命
相殿 -
境内社 -
住所 千代田区麹町1-5-4
備考 -



麹町太田姫稲荷神社の由緒

麹町太田姫稲荷神社は、駿河台太田姫稲荷神社の分社と思われます。

当神社は、駿河台太田姫稲荷神社の分社と思われますが、両社の伝説も共通のものがありますので左記に記します。
伝説によれば、室町時代太田道灌の姫が当時流行した天然痘を病み、薬石効なく一日一日と悪化の道をたどりつつあったとき、友人に「山城国一口の里にある稲荷神社に祈願しなさい。どんな思い天然痘でも忽ち平癒するから」と言われ、道灌は早速同神社に参詣祈願、帰国すると姫の病は忽ち平癒した。江戸築城のとき道灌は崇敬、感謝の念で一口稲荷を伏見より勧請、江戸城内にお祀りした。時は長禄元年(1457)の頃であったと言われます。
後、徳川家康・江戸入府、慶長11年(1606)江戸城改築の際、城内にあった神社、仏閣を城外に移したが、太田姫稲荷神社も駿河台の淡路坂(一口坂=いもあらいざか)上に遷座され、その後変遷を経て現在の地に鎮座しております。
一口坂は「いもあらい坂」と言われており、九段の一口坂、神田一口坂、昌平橋(いもあらいばし)などがあります。いもあらい(一口)の意味は、当時天然痘を「いもがさ又はへも」とも呼ばれたので、「天然痘を洗い流して治す」からきたものと解釈されています。
現今は、病気平癒、商売繁盛の神として崇敬されております。(平成6年5月20日祭祀再開20年を記念して建立、麹町太田姫稲荷神社)


麹町太田姫稲荷神社の周辺図


大きな地図で見る