猫の足あとによる千葉県の寺院、神社など千葉県の寺社案内 猫の足あとによる千葉県の寺院、神社など千葉県の寺社案内
猫の足あと

八坂大神(今谷上町)|柏市今谷上町の神社

八坂大神(今谷上町)の概要

八坂大神(今谷上町)は、柏市今谷上町にある神社です。八坂大神(今谷上町)は、享保18年(1733)に創建したといいます。

八坂大神
八坂大神の概要
社号 八坂大神
祭神 素盞嗚尊
相殿 -
境内社 -
住所 千葉県柏市今谷上町30-3
祭日 7月20日
備考 -



八坂大神(今谷上町)の由緒

八坂大神(今谷上町)は、享保18年(1733)に創建したといいます。

千葉県神社誌による八坂大神(今谷上町)の由緒

享保一八年二月七日の創立と社記に伝える。(千葉県神社誌より)


八坂大神(今谷上町)所蔵の文化財

当社の面している水戸街道にはかつて、松並木が植えられていたといいます。

  • 水戸街道の松並木

水戸街道の松並木

江戸時代、水戸街道は江戸と水戸を結ぶ重要な街道でした。日本橋から千住、江戸川を渡り、松戸、柏の小金牧の中を通り、我孫子で利根川を渡り取出、牛久、土浦を経て水戸に至る行程です。現在、この旧道に沿って国道6号線やJR常磐線が走っています。
水戸街道は、水戸藩士の通行や旅人の往来に使われていましたが、広大な原野である「小金牧」を通過するため、道に迷うことがあったようです。そこで、水戸藩から資金を与えられ街道に千本の松を植え、道しるべの役割としたのが、松並木のはじまりといわれています。
昭和50年代までこの付近には、当時をしのぶ松並木が見られましたが、付近の環境が変わり、松も老木となったりして切られ、現在では残されていません。(柏市教育委員会掲示より)

八坂大神(今谷上町)の周辺図