猫の足あとによる千葉県の寺院、神社など千葉県の寺社案内 猫の足あとによる千葉県の寺院、神社など千葉県の寺社案内
猫の足あと

総寧寺|曹洞宗関東僧録、市川市国府台にある曹洞宗寺院

総寧寺の概要

曹洞宗寺院の総寧寺は、安国山と号します。総寧寺は、近江国観音寺の城主佐々木氏頼により、永徳3年(1383)通幻禅師を開山として近江国(滋賀県坂田郡近江町)に創建、天正3年(1575)千葉県関宿へ移転、寺領20石を北条氏政より拝領したといいます。寛文3年(1663)当地に移転、江戸幕府より寺領128石5斗余の御朱印状を拝領したといいます。江戸時代には曹洞宗の関東僧録に任ぜられ、末寺3000余寺を擁していたといいます。

総寧寺
総寧寺の概要
山号 安国山
院号 -
寺号 総寧寺
住所 市川市国府台3-10-1
宗派 曹洞宗
葬儀・墓地 -
備考 -



総寧寺の縁起

総寧寺は、近江国観音寺の城主佐々木氏頼により、永徳3年(1383)通幻禅師を開山として近江国(滋賀県坂田郡近江町)に創建、天正3年(1575)千葉県関宿へ移転、寺領20石を北条氏政より拝領したといいます。寛文3年(1663)当地に移転、江戸幕府より寺領128石5斗余の御朱印状を拝領したといいます。江戸時代には曹洞宗の関東僧録に任ぜられ、末寺3000余寺を擁していたといいます。

市川市教育委員会掲示による総寧寺の縁起

総寧寺はもと、近江国観音寺の城主佐々木氏頼により、永徳3年(1383)通幻禅師を開山として、近江国左槻庄樫原郷(滋賀県坂田郡近江町)に建立された曹洞宗の寺院であった。
ところが、天正3年(1575)に至って、小田原城主北条氏政が、寺領20石を与えて下総国関宿に移した。
その後、関宿の地はしばしば水害を被ったため、寛文3年(1663)遂に徳川4代将軍家綱に願って国府台に移った。その折幕府は寺領として128石5斗余、山林67000余坪を与えている。
総寧寺は古くから一宗の僧録に任ぜられていたが、徳川家康が天下を掌握すると宗門の統一支配の面から、総寧寺の住職に全国曹洞宗寺院の総支配権を与え、一宗の大僧録に任じたのである。しかも歴代住職は十万石大名の格式を以って遇せられ、江戸小石川には邸が与えられた。総寧寺の格式の高さは今日に残る下馬石によっても分かる。
明治5年(1872)学制の施行によって、第一大学区の大学校舎を総寧寺境内に建設することになったが、それは後、陸軍用地となり、昭和33年現在の里見公園となった。
本寺の境内には、関宿より移された小笠原政信夫妻の供養塔である二基の五輪塔、小川稽古斎碑をはじめ、国府台合戦の伝説にまつわる夜泣石等を存する。(市川市教育委員会掲示より)

稿本千葉県誌による総寧寺の縁起

安国山総寧寺
同郡(東葛飾郡)同町(市川町)国府臺字西櫻陣に在り、境内二千四百五十一坪、曹洞宗総持寺(能登國)の末派にして中本寺たり。寺傳に云ふ、もと近江國馬場にありて永徳三年佐々木氏頼の創建なりしが、天正三年本州関宿に移轉す、後屢水害に罹れるを以て寛文三年八月また此の地に遷せりと。徳川氏の時寺領百二十八石五斗餘を寄附す、嘉永年中火災に罹り堂宇焼失し文久年間再建す、末寺三千餘寺あり。寺に石の下馬札あり、佐々木氏頼の輿へたるものなりと云、又小笠原左衛門佐の墓あり。(稿本千葉県誌より)


総寧寺の周辺図


大きな地図で見る