猫の足あとによる千葉県の寺院、神社など千葉県の寺社案内 猫の足あとによる千葉県の寺院、神社など千葉県の寺社案内
猫の足あと

無量寺|市原市八幡にある浄土宗寺院

無量寺の概要

市原市八幡にある浄土宗寺院の無量寺は、信楽山寳樹院と号します。無量寺は、寳樹坊が白鳳年間(672-685)に創建、源蓮社静譽宗休大徳が中興開山、天蓮社晃譽上人達道和尚(弘治元年1555年寂)が再中興開山したといいます。

無量寺
無量寺の概要
山号 信楽山
院号 寳樹院
寺号 無量寺
本尊 阿弥陀如来像
住所 市原市八幡29-5
宗派 浄土宗
葬儀・墓地 -
備考 -



無量寺の縁起

無量寺は、寳樹坊が白鳳年間(672-685)に創建、源蓮社静譽宗休大徳が中興開山、天蓮社晃譽上人達道和尚(弘治元年1555年寂)が再中興開山したといいます。

「千葉県浄土宗寺院誌」による無量寺の縁起

白鳳元年三月一五日、この地の漁船が八幡浦で難風に遭ったとき、荒れる海中より出現した阿弥陀仏像を、船にお載せして漁夫たちの村・石塚村へ帰り、村の南方、清水という芝原に草庵を結んでいた寳樹坊と呼ぶ僧に祭祀を託し、安置したのが寺の創めと伝える。
寛平二年に平高望王が、父・高見王のために堂宇を建立し、その後、現在地へ移転した。(旧地は古屋敷と称したといわれる)また、弘安の頃、千葉宗胤が本尊仏を寄進している。(「千葉県浄土宗寺院誌」より)


無量寺所蔵の文化財

  • 千葉家之墓

無量寺の周辺図


大きな地図で見る