猫の足あとによる千葉県の寺院、神社など千葉県の寺社案内 猫の足あとによる千葉県の寺院、神社など千葉県の寺社案内
猫の足あと

常楽寺|船橋市西船にある新義真言宗寺院

常楽寺の概要

船橋市西船にある新義真言宗寺院の常楽寺は、海見山と号します。常楽寺の創建年代等は不詳ながら、延宝6年(1679)の「寺内村田畑水帳」に成楽寺として記載され、また境内から延慶3年(1310)銘の板碑が出土していることから、中世には既に建立されていたのではないかといいます。

常楽寺
常楽寺の概要
山号 海見山
院号 -
寺号 常楽寺
住所 船橋市西船7-5-8
宗派 新義真言宗
葬儀・墓地 -
備考 -



常楽寺の縁起

常楽寺の創建年代等は不詳ながら、延宝6年(1679)の「寺内村田畑水帳」に成楽寺として記載され、また境内から延慶3年(1310)銘の板碑が出土していることから、中世には既に建立されていたのではないかといいます。

「船橋市史」による常楽寺の縁起

(寺内村)常楽寺
真言宗。延宝六年の「寺内村田畑水帳」に「成楽寺」として名が見え、屋敷四反三畝二八歩は先規より除地とある。つまり寺屋敷は、以前から年貢の対象から除かれた土地であった。なお同帳は成楽寺とあっても、それは当寺の可能性が高い。「真言本末」には明王院の門徒寺として載せられている。近年境内から延慶三年(一三一〇)を始めとする板碑が数基出土し、当寺の場所は中世に墓地か堂庵であったことが想定される。(「船橋市史」より)


常楽寺の周辺図


大きな地図で見る