猫の足あとによる千葉県の寺院、神社など千葉県の寺社案内 猫の足あとによる千葉県の寺院、神社など千葉県の寺社案内
猫の足あと

船橋御殿跡東照宮|船橋市本町の神社

船橋御殿跡東照宮の概要

船橋御殿跡東照宮は、船橋市本町にある神社です。船橋御殿跡東照宮は、徳川家康が当地に建設させた宿泊所跡地に意富比神社宮司が東照宮を建立したといいます。

船橋御殿跡東照宮
船橋御殿跡東照宮の概要
社号 東照宮
祭神 徳川家康公
相殿 -
境内社 御殿稲荷
住所 千葉県船橋市本町4-29
祭日 -
備考 -



船橋御殿跡東照宮の由緒

船橋御殿跡東照宮は、徳川家康が当地に建設させた宿泊所跡地に大神宮宮司が東照宮を建立したといいます。

船橋市教育委員会掲示による船橋御殿跡東照宮の由緒

船橋御殿跡と東照宮
徳川家康は狩猟を好み、各地に狩猟用の「お茶屋」又は「御殿」とよばれる休憩所や宿泊所を建てさせた。慶長十九年(一六一四)家康は上総土気、東金で狩猟を行ったが、船橋御殿の建造もその頃であろうと推定される。家康は元和元年(一六一五)十一月ここに宿泊した。家康の宿泊はこの一回だけであったが、秀忠は其の後狩猟のたびに立ち寄ったと考えられる。将軍家の東金狩猟が寛永七年(一六三〇)頃に終止した後も船橋御殿は存続していたが、寛文末年頃(一六七〇年代)に廃止となったようである。船橋御殿の面積は約四〇四アールで、海老川西側の土手に囲まれた地域であった。その後、この地は大神宮宮司の富氏に与えられ、開墾されて畑地となった。
東照宮は富氏が建立したもので、この場所が御殿の中心であった場所であると伝えられている。(船橋市教育委員会掲示より)


船橋御殿跡東照宮所蔵の文化財

  • 船橋御殿跡と東照宮(船橋市指定文化財)

船橋御殿跡東照宮の周辺図


大きな地図で見る