猫の足あとによる千葉県の寺院、神社など千葉県の寺社案内 猫の足あとによる千葉県の寺院、神社など千葉県の寺社案内
猫の足あと

古戸天神社|我孫子市古戸の神社

古戸天神社の概要

古戸天神社は、我孫子市古戸にある神社です。古戸天神社の創建年代は不詳ながら、利根川沿岸の水田開発を行った村民らによって延享3年(1746)に創建したのではないかといいます。

古戸天神社
古戸天神社の概要
社号 天神社
祭神 菅原道真公
相殿 -
境内社 -
住所 千葉県我孫子市古戸609
祭日 -
備考 -



古戸天神社の由緒

古戸天神社の創建年代は不詳ながら、利根川沿岸の水田開発を行った村民らによって延享3年(1746)に創建したのではないかといいます。

「我孫子市史」による古戸天神社の由緒

天神社(古戸六〇九)
祭神 菅原道真公
利根川沿岸の水田を見下す台地の東端に鎮座する。延享三寅年(一七四六)三月の棟札は社殿創建当初のものであろう。水田開発を行った人びとによって建立され、代々平馬家が祭祀に携ってきた社であるが、明治の「神社明細帳」には記載されていない。
現社殿は、弘化四年(一八四七)四月十五日の再建で、方二間の身舎に円柱を用い、入母屋造、向拝付、瓦葺である。そして、木部を紅殻塗りとし、屋根も赤色セメント瓦に葺き替えられている。内部は、奥壁中央に壇をつくり、壇上の小型流造社殿に木造彩色の天神像が安置してある。
像は、束帯姿の坐像で、笏を左手の掌に立て、右手の袖で上からおさえている。これは、変った笏の持ち方で、他に例がないのではあるまいか。台座は雲上の円座と考えられるが、斑の彩色となっているのは珍しい。(「我孫子市史」より)


古戸天神社の周辺図

参考資料
  • 我孫子市史