猫の足あとによる文京区の寺院、神社など文京区の寺社案内 猫の足あとによる文京区の寺院、神社など文京区の寺社案内
猫の足あと

圓満寺|文京区湯島にある真言宗御室派寺院

圓満寺の概要

真言宗御室派寺院の圓満寺は、萬昌山金剛幢院と号します。圓満寺は、(足利義輝の孫)木食義高僧正が開山となり、宝永7年(1710)に創建したといいます。現在は仁和寺の東京事務所となっています。御府内八十八ヶ所霊場32番です。

圓満寺
圓満寺の概要
山号 萬昌山
院号 金剛幢院
寺号 圓満寺
住所 文京区湯島1-6-2
本尊 -
宗派 真言宗御室派
葬儀・墓地 -
備考 -



圓満寺の縁起

圓満寺は、(足利義輝の孫)木食義高僧正が開山となり、宝永7年(1710)に創建したといいます。現在は仁和寺の東京事務所となっています。

東京名所図会による圓満寺の縁起

圓満寺は。湯島四丁目十四番地の一にあり。真言宗にして金剛幢院と稱し。萬昌山と號す。開山は木食義高僧正にて。正徳年間の建立に係る。本尊は。十一面観世音なり。
境内甚だ狭く。堂は南面しあり。是れも假建と見ゆ。堂内西寄りに弘法大師を安置す。府内第三十二番の札所なり。西隅に小屋ありて石の地蔵尊數體を列立す。傍らに大師の石像を置き。臺石に左の如く刻せり。
明治癸卯五月東京市内善男善女為高祖弘大師報謝共抛浄財摸四国霊場設尊像八十八體於相州鎌倉圓覺寺境内而浄財有剰因更刻尊像一體安置湯島圓満寺境内云爾
武江年表に「文政二年己卯二月十一日。小田原より木食の沙門観正湯島圓満寺へ著し。加持を施し。光明真言を授く。貴賤群衆夥し」と見えたり。當時の盛況想ふべし。(東京名所図会より)

「本郷區史」による圓満寺の縁起

圓満寺
湯島四丁目に在り。京都仁和寺末、萬昌山金剛幢院と號す、寶永七年木食上人覺海義高の開く處である。(「本郷區史」より)


圓満寺の周辺図



ブック・ナビ 決算申告駆け込みセンター

葬儀社紹介・葬儀相談

葬儀支援ネット