猫の足あとによる文京区の寺院、神社など文京区の寺社案内 猫の足あとによる文京区の寺院、神社など文京区の寺社案内
猫の足あと

西教寺|文京区向丘にある浄土真宗本願寺派寺院

西教寺の概要

浄土真宗本願寺派寺院の西教寺は、涅槃山究竟院と号します。西教寺は、僧慈専(俗称村松左門行武)が開基となり常陸國那珂郡松の濱に創建、寛永7年(1630)了賢が湯島へ移転し中興、貞享5年(1688)当地へ移転したといいます。西教寺の山門は、酒井雅楽頭(井伊家と並ぶ大老の家柄)の屋敷から明治7年(1874)移築されたもので区文化財に指定されています。

西教寺
西教寺の概要
山号 涅槃山
院号 究竟院
寺号 西教寺
住所 文京区向丘2-1-10
宗派 浄土真宗本願寺派
葬儀・墓地 -
備考 -



西教寺の縁起

西教寺は、僧慈専(俗称村松左門行武)が開基となり常陸國那珂郡松の濱に創建、寛永7年(1630)了賢が湯島へ移転し中興、貞享5年(1688)当地へ移転したといいます。

本郷區史による西教寺の縁起

駒込追分町に在り、本派本願寺末、涅槃山究竟院と稱す、初め開山慈専(俗称村松左門行武正徳三年寂)の常州那珂郡村松の濱に開く處であるが、寛永七年中興了賢の時之を江戸湯島金助町に移し、貞享五年更に現地に轉じた。(本郷區史より)

東京名所図会による西教寺の縁起

西教寺
同(本郷追分町)四十二番地にあり、涅槃山究竟院と號す、真宗本願寺派なり、僧慈専(正應三年寂)開基、初め常陸國那珂郡松の濱にあり、後り湯島に移り、貞享五年再び轉じて今の地に移るといふ。(御府内寺社備考より)


西教寺所蔵の文化財

  • 西教寺表門一棟朱殿門)(文京区指定有形文化財)

西教寺表門一棟

徳川家の重臣、酒井雅楽頭(井伊家と並ぶ大老の家柄)の屋敷から明治7年(1874)移築された。
複雑な寸法体系を持ち、近世初頭の標準からはずれる独自の特色を多く持ち、構成に独特な品格をもたらしている。
大正12年の関東大震災に被害を受け、重量軽減のため瓦葺から銅板棒葺に改めるなど、一部修理が行われた。(文京区教育委員会掲示より)

西教寺の周辺図



ブック・ナビ 決算申告駆け込みセンター

葬儀社紹介・葬儀相談

葬儀支援ネット