猫の足あとによる文京区の寺院、神社など文京区の寺社案内 猫の足あとによる文京区の寺院、神社など文京区の寺社案内
猫の足あと

正信寺|文京区小石川にある浄土宗寺院

正信寺の概要

浄土宗寺院の正信寺は、源興山護念院と号します。正信寺は、松平陸奥守を開基が開基となり元和元年(1615)増上寺境内に創建、その後徳川秀忠公の御臺所祟源院殿を火葬した六本木(麻布龍土町)へ深廣寺教善寺光専寺と共に寛永6年(1629)移転したといいます。「小石川の寺院(小石川仏教会)」によると平成10年当地へ移転したといいます。

正信寺
正信寺の概要
山号 源興山
院号 護念院
寺号 正信寺
住所 文京区小石川5-18-13
本尊 阿弥陀如来像
宗派 浄土宗
葬儀・墓地 -
備考 -



正信寺の縁起

正信寺は、松平陸奥守を開基が開基となり元和元年(1615)増上寺境内に創建、その後徳川秀忠公の御臺所祟源院殿を火葬した六本木(麻布龍土町)へ深廣寺教善寺光専寺と共に寛永6年(1629)移転したといいます。「小石川の寺院(小石川仏教会)」によると平成10年当地へ移転したといいます。

「麻布區史」による正信寺の縁起

源興山護念院正信寺 六本木町三五
元和元年増上寺境内に松平陸奥守を開基として創立し、現地へ移つた。開山は學蓮社當譽存茂和尚(號順故、元和五年七月十六日寂)である。(「麻布區史」より)


正信寺の周辺図



ブック・ナビ 決算申告駆け込みセンター

葬儀社紹介・葬儀相談

葬儀支援ネット