猫の足あとによる文京区の寺院、神社など文京区の寺社案内 猫の足あとによる文京区の寺院、神社など文京区の寺社案内
猫の足あと

簸川神社|文京区千石の神社

簸川神社の概要

簸川神社は、文京区千石にある神社です。簸川神社は、第五代孝昭天皇の頃に創建したと伝えられ、八幡太郎源義家が参籠した古社だといいます。中世に伝通院等を創建した了誉上人が当社を再興、小石川、巣鴨の総社となっていたといいます。承応元年(1652)白山御殿造営のため原町に遷座、さらに元禄12年(1699)当地へ遷座したといいます。

簸川神社
簸川神社の概要
社号 簸川神社
祭神 素盞嗚尊
相殿 -
境内社 稲荷神社、他2社
住所 文京区千石2-10-10
祭日 例祭日9月10日
備考 -



簸川神社の由緒

簸川神社は、第五代孝昭天皇の頃に創建したと伝えられ、八幡太郎源義家が参籠した古社だといいます。中世に伝通院等を創建した了誉上人が当社を再興、小石川、巣鴨の総社となっていたといいます。承応元年(1652)白山御殿造営のため原町に遷座、さらに元禄12年(1699)当地へ遷座したといいます。

文京区教育委員会掲示による簸川神社の由緒

社伝によれば、当神社の創建は古く、第五代孝昭天皇のころと伝えられ、祭神は素盞嗚尊である。
源義家(1039-1106)が奥州平定の祈願をした社といわれ、小石川、巣鴨の総社として江戸名所の一つであった。
もとは現在の小石川植物園の地にあったが白山御殿造営のため、元禄12(1699)この地に移された。社殿は、さきの空襲にあい全焼失したが、昭和33年(1958)に再建された。
境内の幟建一対は江戸時代、善仁寺門前町氏子中により奉納された貴重な石造物である。なお、1基は平成12年久堅町民会の尽力で修復されたものである。(文京区教育委員会掲示より)

文京区神社誌による簸川神社の由緒

当社は、植物園の御殿坂辺にあった貝塚の中の古墳上に、第五代孝昭天皇の御代に創立されたと伝えられ、承応元年(一六五二)白山御殿造営のため原町に移され、さらに元禄十二年(一六九九)景勝の地を選び、現在地に移された。
八幡太郎義家が参籠した古社で、中世了誉上人の再興により江戸名所の一つになり、小石川総社として、氏子一橋家の尊崇篤く、明治二十三年十月畏くも皇太子であらせられた大正天皇が、植物園にお成りのみぎり、御参拝あらせられた。(文京区神社誌より)


簸川神社の周辺図


大きな地図で見る

ブック・ナビ 決算申告駆け込みセンター

葬儀社紹介・葬儀相談

葬儀支援ネット