猫の足あとによる足立区の寺院、神社など足立区の寺社案内 猫の足あとによる足立区の寺院、神社など足立区の寺社案内
猫の足あと

明王院|足立区梅田にある真言宗豊山派寺院

明王院の概要

真言宗豊山派寺院の明王院は、万徳山梅林寺と号します。明王院は、治承2年(1178)六条判官源為義の三男義広の草創で、五世久広のとき当院のかたわらに天満宮を勧請して、万徳山梅林寺と号し、姓を梅田と改めたことから、周辺の地名も梅田と呼ばれることになりました。明王院は、治承2年(1178)六条判官源為義の三男義広の草創で、五世久広のとき当院のかたわらに天満宮を勧請して、万徳山梅林寺と号し、姓を梅田と改めたことから、周辺の地名も梅田と呼ばれることになったといいます。江戸時代には、鷹狩りの折の御膳所となり、また源家の古い祈願所でもあったことから寺領13石の御朱印状を拝領しています。荒川辺八十八ヶ所霊場43番札所です。

1742年に京都から奉戴した不動明王から赤不動と呼ばれている他、咳に効験のある八彦尊が祀られています。

明王院
明王院の概要
山号 万徳山
院号 明王院
寺号 梅林寺
住所 足立区梅田4-15-30
宗派 真言宗豊山派
葬儀・墓地 -
備考 御朱印寺、赤不動、荒川辺八十八ヶ所霊場41番札所



明王院の縁起

明王院は、治承2年(1178)六条判官源為義の三男義広の草創で、五世久広のとき当院のかたわらに天満宮を勧請して、万徳山梅林寺と号し、姓を梅田と改めたことから、周辺の地名も梅田と呼ばれることになったといいます。江戸時代には、鷹狩りの折の御膳所となり、また源家の古い祈願所でもあったことから寺領13石の御朱印状を拝領しています。

境内掲示による明王院の縁起

当院の縁起によると、治承2年(1178)六条判官源為義の三男義広が、榎戸に一宇を建て源家の祈願所とした。
そののち弘安のころ、三世義純がここに住み、五世久広のとき当院のかたわらに天満宮を勧請して、万徳山梅林寺と号し、姓を梅田と改めた。そのころよちこのあたりを梅田村といった。
江戸時代には、徳川家光・八代将軍吉宗・十二代将軍家慶など歴代将軍の鷹狩りの折の御膳所となり、また源家の古い祈願所の故をもって寺領十三石を賜った。
寛保2年(1742)不動明王を京都より奉戴して不動堂を建立し、赤不動と言われて庶民の信仰を集めた。
当院には都重要文化財「如意輪観音像」、関流算法宗師小泉寧夫先生の碑、八彦尊(咳に効験あり)などがある。(境内掲示より)

足立風土記資料寺院明細による明王院の縁起

小本寺吉祥院末 東京府管轄武州足立郡梅田邑 万徳山明王院
創立治承2年、志太三郎源義広真照開山、香衣ハ香衣一色寺格。
但当住無之、東京府管轄武州足立郡千住宿安養院住職了阿兼務。
境内、但除地、6反歩。檀家、80軒。門末并庵室等無之(足立風土記資料寺院明細より)


明王院所蔵の文化財

  • 如意輪観音像(都重要文化財)

明王院の周辺図


大きな地図で見る

葬儀用供花

メモリーフラワー

せいしょうえんのお葬式

葬儀社紹介・葬儀相談

葬儀支援ネット