猫の足あとによる足立区の寺院、神社など足立区の寺社案内 猫の足あとによる足立区の寺院、神社など足立区の寺社案内
猫の足あと

妙憧庵|足立区伊興にある真言宗霊雲寺派寺院

妙憧庵の概要

真言宗霊雲寺派の妙憧庵は宝珠山と号します。妙憧庵は、当地にあった地蔵堂を基に、天明年間(1781〜1789)に千住掃部宿の町人喜七が資材・土地を提供して創建したといいます。武蔵国八十八ヶ所霊場2番です。

妙憧庵
妙憧庵の概要
山号 宝珠山
院号 -
寺号 妙憧庵
住所 足立区伊興2-9
宗派 真言宗霊雲寺派
葬儀・墓地 -
備考 -



妙憧庵の縁起

妙憧庵は、当地にあった地蔵堂を基に、天明年間(1781〜1789)に千住掃部宿の町人喜七が資材・土地を提供して創建したといいます。

「ブックレット足立風土記伊興地区」による妙憧庵の縁起

妙幢庵(伊興二丁目)
真言宗。山号は宝珠山。本尊は地蔵菩薩。「新編武蔵風土記」によると、天明年間(1781〜1789)に千住掃部宿の町人によって建立されたといいます。(「ブックレット足立風土記伊興地区」より)

新編武蔵風土記稿による妙憧庵の縁起

妙幢庵
江戸湯嶋霊雲寺の末にて、今同寺塔頭寳光院兼帯せり、寳珠山と號す、近き頃まで地蔵堂なりしが、天明年中掃部宿の町人喜七と云者、資材を出して今の庵を修造し、若干の地を買て寄附せしと云。(新編武蔵風土記稿より)


妙憧庵の周辺図


大きな地図で見る


葬儀社紹介・葬儀相談

葬儀支援ネット