猫の足あとによる足立区の寺院、神社など足立区の寺社案内 猫の足あとによる足立区の寺院、神社など足立区の寺社案内
猫の足あと

赤稲荷神社|足立区神明の神社

赤稲荷神社の概要

赤稲荷神社は、足立区神明にある稲荷神社です。赤稲荷神社の創建年代は不詳ですが、星野家(現在の神明1丁目12)の屋敷神が、大洪水で現在地に流れ着いたのが縁で、村で祀られるようになったといいます。

赤稲荷神社
赤稲荷神社の概要
社号 稲荷神社
祭神 蒼稲魂命
相殿 -
境内社 -
住所 足立区神明1-1-11
備考 無格社



赤稲荷神社の由緒

赤稲荷神社の創建年代は不詳ですが、星野家(現在の神明1丁目12)の屋敷神が、大洪水で現在地に流れ着いたのが縁で、村で祀られるようになったといいます。

新編武蔵風土記稿による赤稲荷神社の由緒

(久左衛門新田)稲荷社
二社共に南蔵院持。(新編武蔵風土記稿より)

「ブックレット足立風土記花畑地区」による赤稲荷神社の由緒

赤稲荷神社(神明1丁目1)
祭神は蒼稲魂命です。内匠橋の東詰めにあり、かつて屋根を赤い砥の粉で塗ったことから、「赤稲荷」と呼ばれるようになったといわれています。江戸時代、星野家(現在の神明1丁目12)の屋敷神が、大洪水で現在地に流れ着いたのが縁で、村で祀られるようになったと伝えられています。赤稲荷の社が壊れたりすると、必ずといっていいほど村に災害がおこったそうです(木村栄一「神明の赤稲荷神社」)。
花畑村役場跡
1900(明治33)年〜05(明治38)年まで、花畑村役場が境内に置かれていました。(「ブックレット足立風土記花畑地区」より)


赤稲荷神社の周辺図


大きな地図で見る