猫の足あとによる足立区の寺院、神社など足立区の寺社案内 猫の足あとによる足立区の寺院、神社など足立区の寺社案内
猫の足あと

西新井浅間神社|足立区西新井の神社

西新井浅間神社の概要

西新井浅間神社は、足立区西新井にある浅間神社です。西新井浅間神社は、寛永15年(1638)に富士講中が土地を寄付し、そこに富士山本宮浅間大権現を勧請して創建したといいます。

西新井浅間神社
西新井浅間神社の概要
社号 浅間神社
祭神 木花開耶姫命
相殿 -
境内社 -
別当 -
住所 足立区西新井6-3-16
備考 -



西新井浅間神社の由緒

西新井浅間神社は、寛永15年(1638)に富士講中が土地を寄付し、そこに富士山本宮浅間大権現を勧請して創建したといいます。

「ブックレット足立風土記西新井」による西新井浅間神社の由緒

浅間神社(西新井6−3)
祭神は木花開耶姫命。社殿の中には、富士山をかたどった石の彫刻を神体として祀っています。創建については、1638(寛永15)年に富士講中が土地を寄付し、そこに富士山本宮浅間大権現を勧請したのがはじまりといいます。かつては、富士講と密接な関係がありましたが、それも1935(昭和10)年頃に自然と中止されました。(「ブックレット足立風土記西新井」より)

新編武蔵風土記稿による西新井浅間神社の由緒

(西新井村)富士浅間社
総持寺持なり(新編武蔵風土記稿より)


西新井浅間神社の周辺図


大きな地図で見る