猫の足あとによる足立区の寺院、神社など足立区の寺社案内 猫の足あとによる足立区の寺院、神社など足立区の寺社案内
猫の足あと

高野胡録神社|足立区西新井本町の神社

高野胡録神社の概要

高野胡録神社は、足立区西新井本町にある胡録神社です。高野胡録神社の創建年代は不詳ですが、江戸時代には第六天社と称して高野村の鎮守であったといい、神仏分離令の際に胡録神社と改称したといいます。

高野胡録神社
高野胡録神社の概要
社号 胡録神社
祭神 淤母陀琉命
相殿 -
境内社 -
別当 -
住所 足立区西新井本町2-32
備考 江北氷川神社の兼務社



高野胡録神社の由緒

高野胡録神社の創建年代は不詳ですが、江戸時代には第六天社と称して高野村の鎮守であったといい、神仏分離令の際に胡録神社と改称したといいます。

「ブックレット足立風土記西新井」による高野胡録神社の由緒

胡録神社(西新井本町2−32)
尾久橋通りの開通で西新井本町にありますが、今も高野町会の人びとが祀っています。創建は300年前ともいわれています。祭神は淤母陀琉命(第六天・他化自在天ともいう)で、江戸時代には社名を第六天といいましたが、明治初期の神仏分離の際に、胡録神社に改められました。鳥居に掛けられている竜の注連縄は、1914(大正3)年に建築された旧本殿の棟木につけられていた漆喰の竜の代わりとして、50年ほど前から作られるようになりました。竜は雨乞いの神で、村の守り神でもありました。(「ブックレット足立風土記西新井」より)

新編武蔵風土記稿による高野胡録神社の由緒

(高野村)第六天社
村の鎮守なり、寳性院持なり。(新編武蔵風土記稿より)


高野胡録神社の周辺図


大きな地図で見る