猫の足あとによる足立区の寺院、神社など足立区の寺社案内 猫の足あとによる足立区の寺院、神社など足立区の寺社案内
猫の足あと

中曽根神社|足立区本木の神社

中曽根神社の概要

中曽根神社は、足立区本木にある神社です。中曽根神社は、千葉次郎勝胤公によって室町時代に築城された中曽根城内に、千葉氏の崇敬する妙見社を勧請したものといい、昭和7年興野の雷神社を合祀して中曽根神社と改称したといいます。

中曽根神社
中曽根神社の概要
社号 中曽根神社
祭神 大雷神、国常立命
相殿 -
境内社 御獄社
住所 足立区本木2-5-7
備考 -



中曽根神社の由緒

中曽根神社は、千葉次郎勝胤公によって室町時代に築城された中曽根城内に、千葉氏の崇敬する妙見社を勧請したものといい、昭和7年興野の雷神社を合祀して中曽根神社と改称したといいます。

新編武蔵風土記稿による中曽根神社の由緒

妙見社
千葉某の古城跡にあり、則かの城の鎮守なりしと云、千葉氏の妙見を尊敬することは、世にも知る所なれば左もあるべし。
御手洗池。(新編武蔵風土記稿より)

「中曽根神社神燈講の碑文」による中曽根神社の由緒

中曽根城は、室町時代千葉次郎勝胤公によって築城された。周囲六町四方(36ヘクタール)でそとがまえに堀や土居をめぐらしていたと伝えられている。今でも小宇に、井戸、小屋の内出などの名が残っている。
当社の境内は城の一部で、一段と高く、千葉氏の信仰する妙見社がまつられていた。幾星霜の間に周囲は耕地となり、現在は都市化した。
昭和七年、妙見社と興野の雷社と合せて中曽根神社とし、当地の氏神として祀ったものである。(中曽根神社神燈講の碑文)


中曽根神社の周辺図


大きな地図で見る