猫の足あとによる足立区の寺院、神社など足立区の寺社案内 猫の足あとによる足立区の寺院、神社など足立区の寺社案内
猫の足あと

綾瀬稲荷神社|足立区綾瀬の神社

綾瀬稲荷神社の概要

綾瀬稲荷神社は足立区綾瀬にある稲荷神社です。綾瀬稲荷神社の創建年代は不詳ですが、五兵衛新田の鎮守社であったといい、明治7年(1874)に五兵衛神社と、昭和42年(1967)年に綾瀬稲荷神社と改称したといいます。

綾瀬稲荷神社
綾瀬稲荷神社の概要
社号 稲荷神社
祭神 宇迦之御魂神
相殿 -
境内社 浅間神社、三峰神社
住所 足立区綾瀬4-9-9
備考 旧五兵衛新田の鎮守



綾瀬稲荷神社の由緒

綾瀬稲荷神社の創建年代は不詳ですが、五兵衛新田の鎮守社であったといい、明治7年(1874)に五兵衛神社と、昭和42年(1967)年にあやせ稲荷神社と改称したといいます。

「ブックレット足立風土記綾瀬地区」による綾瀬稲荷神社の由緒

綾瀬稲荷神社(綾瀬4−9)
江戸時代から五兵衛新田の鎮守で、稲荷社と呼ばれていました。1874(明治7)年に五兵衛神社と改称しました。戦後、周囲の新住居表示が「綾瀬」となったことから1967(昭和42)年に現名称に改称されました。創建は1614(慶長19)年といわれます。祭神は宇迦之御魂命です。(「ブックレット足立風土記綾瀬地区」より)

新編武蔵風土記稿による綾瀬稲荷神社の由緒

(五兵衛新田)稲荷社
村の鎮守なり、観音寺
末社。天神社。(新編武蔵風土記稿より)


綾瀬稲荷神社所蔵の文化財

  • 綾瀬稲荷神社富士塚(足立区登録有形民俗文化財)
  • 綾瀬稲荷神社山包丸淵富士講関係資料一式(足立区登録有形民俗文化財)

綾瀬稲荷神社の周辺図


大きな地図で見る